不用品回収 今と昔、先進国と途上国

不用品回収 今と昔、先進国と途上国
MENU

不用品回収 今と昔、先進国と途上国

不用品回収、というと時々ポストに投げ込まれているチラシや、廃品回収のトラックを思い出すのですが、あまり日頃はなじみがありません。なぜ馴染みがないかというと、日本で生活していると、使い捨ての生活サイクルが定着していて、修理して使うより、新しく買う方が安い、または機能もアップしている、という社会になってしまっているからです。

 

まだそれほど豊かではない発展途上国では、不用品回収業がもっとたくさんあり、使わなくなった物は引き取って修理すれば、まだ需要があるのだそうです。また、江戸時代の日本でも、「捨てるものはない」というほど、布地から便所の汚水まで、何でも引き取る回収業があったと聞きます。

 

今現在、日本で不用品回収している業者は、モノをどこへ持って行っているのでしょう。金属は高い値段で売れますが、もしかすると電化製品などは修理して途上国へ持っていたりもしているのでしょうか。それでも、日本国内でいえば、エコの考え方が定着してきたというものの、生活スタイルはまだまだ「使い捨て中心」だと思います。

このページの先頭へ